nakano
氏 名 中野正浩 (なかの まさひろ)
所 属 理化学研究所 創発物性科学研究センター
役 職 訪問研究員

学歴

2013 年4月 広島大学大学院 工学研究科 応用化学専攻 博士後期課程 修了 博士(工学)取得
指導教官:瀧宮和男 教授
2010年10月 広島大学大学院 工学研究科 応用化学専攻 博士後期課程 入学
2009年4月 岡山大学大学院 環境学研究科 資源循環学専攻 博士前期課程 修了
指導教官:高口 豊 准教授
2007年3月 岡山大学大学院 環境学研究科 資源循環学専攻 入学

職歴

2013年4月〜現在 理化学研究所 創発物性科学研究センター 訪問研究員
2013年4月〜現在 日本学術振興会 特別研究員(PD)
2009年4月〜2010年9月 株式会社 ナード研究所 研究員

専門分野

有機材料化学、有機半導体(有機トランジスタ、有機薄膜太陽電池)

競争的資金

  1. 科研費 若手研究B
    研究期間:H26〜H27年度
    研究課題:ナフトジチオフェンジイミド (NDTI) を基盤とする有機半導体分子の開発
  2. 科研費 特別研究員奨励費
    研究期間:H25〜H26年度
    研究課題:アセンジカルコゲノフェン (AcDX) の合成と有機半導体材料への応用

原著論文

  1. Nakano, M.; Osaka, I.; Takimiya, “Naphthodithiophene Diimide (NDTI)-Based Semiconducting Copolymers: From Ambipolar to Unipolar n-Type Polymers” Macromolecules, 2015
  2. Nakano, M.; Osaka, I.; Takimiya, “Dibenzo[a,e]pentalene-embedded dicyanomethylene-substituted thienoquinoidals for n-channel organic semiconductors: synthesis, properties, and device characteristics” Journal of Materials Chemistry C, 2015, 3, 283–290.
  3. Nakano, M.; Osaka, I.; Takimiya, K.; Koganezawa, T.; “Novel dibenzo[a,e]pentalene-based conjugated polymers” Journal of Materials Chemistry C, 2014, 2, 64–70.
  4. Fukutomi, Y.; Nakano, M.; Osaka, I.; Takimiya, K; “Naphtodithiophene- diimide (NDTI): synthesis, structure, and applications” Journal of American Chemical Society, 2013, 135, 11445–11448.
  5. Nakano, M.; Shinamura, S.; Sugimoto, R.; Osaka, I.; Miyazaki, E.; Takimiya, K. “Borylation on Benzo[1,2-b:4,5-b’]- and Naphtho[1,2-b:5,6-b’]dichalcogenophenes: Different Chalcogene Atom Effects on Borylation Reaction Depending on Fused Ring Structure” Organic Letters, 2012, 14, 5448–5451.
  6. Nakano, M.; Niimi, K.; Miyazaki, E.; Osaka, I.; Takimiya, K.; “Isomerically Pure Anthra[2,3-b:6,7-b’]-difuran (anti-ADF), -dithiophene (anti-ADT), and -diseleno- phene (anti-ADS): Selective Synthesis, Electronic Structures, and Application to Organic Field-Effect Transistors” Journal of Organic Chemistry, 2012, 77, 8099–8011.
  7. Nakano, M.; Shinamura, S.; Houchin, Y.; Osaka, I.; Miyazaki, E.; Takimiya, K.; “Angular-shaped naphthodifurans, naphtho[1,2-b;5,6-b’]- and naphtho[2,1-b;6,5- b’]-difuran: are they isoelectronic with chrysene?” Chemical communication, 2012, 48, 5671–5673.
  8. Nakano, M.; Mori, H.; Shinamura, S.; Takimiya, K.; “Naphtho[2,3-b:6,7-b′]dichalcogenophenes: Syntheses, Characterizations, and Chalcogene Atom Effects on Organic Field-Effect Transistor and Organic Photovoltaic Devices” Chemistry of Materials, 2012, 24, 190–198.

ページTOPに戻る